セミクジラ
ー Right Whale ー

セミクジラ

閉じる

セミクジラ セミクジラは、体長16〜17m、体重60tのクジラです。

黒くて、ずんぐりしたかたちです。背ビレはないので、背中が美しいという意味のセミクジラ(背美鯨)と名付けられました。


上あごの先にボンネットというこぶ状の隆起があり、これによって個体識別ができます。おへその辺りに白い模様がある個体もあります。


V字型のブローが特徴です。ブリーチ・ペックスラップなど、活発な行動をすることもあります。


セミクジラかつては全世界に分布していましたが、遊泳速度が遅く、死ぬと浮くために捕鯨の最適種とされ、乱獲の対象になりました。20世紀はじめには、全世界で数百頭にまで減ってしまいました。
現在も、セミクジラの分布や繁殖海域については全く解っていません。西部北太平洋域の生息数は300頭くらいと推定されています。


小笠原では1990年に戦後初めて目撃され、93年に二度目、そして96年に三度目でした。三回ともザトウクジラのウォッチングシーズン中で、ザトウと一緒にいたこともあります。


残念ながら、それ以後の目撃例がないのですが、今後も遭遇する機会が増えれば、セミクジラの生態が次第に判明していくかもしれません。

 

閉じるTopへ